cast
南方仁 大沢たかお (脳外科医) 野風・友永 未来 (2役) 中谷美紀 (植物状態) 橘咲 綾瀬はるか (橘家の長女) 橘恭太郎 小出恵介 (咲の兄) 佐分利祐輔 桐谷健太 (関西出身の若く優秀な医師) 山田純庵 田口浩正 (西洋医学所の医師) 初音 水沢エレナ (吉原・玉屋の若い花魁) 夕霧 高岡早紀 (野風の姐さん花魁) 鈴屋彦三郎 六平直政 (吉原の大見世・鈴屋の廓主) 橘栄 麻生祐未 (咲と恭太郎の母で未亡人) 勝海舟 小日向文世 (坂本龍馬の師) 坂本龍馬 内野聖陽 (豪快で女好きな土佐出身の脱藩浪人

2011年05月31日

JIN-仁 6/5 第八話あらすじ/日曜劇場

1867年(慶応3年)秋。天皇に政権を戻す、いわゆる「大政奉還」の実現に向け、坂本龍馬(内野聖陽)は日々奔走していた。その一方で、南方仁(大沢たかお)はそんな龍馬のことを気にかけつつも、岩の転移を抱えながらの出産を控え、『仁友堂』に入院してきた野風(中谷美紀)の身体を心配していた。橘咲(綾瀬はるか)も野風のため、産婆のもとへ足を運び、少しでも出産の手助けが出来るようにと努力の日々を過ごす。だが、橘恭太郎(小出恵介)は、幕府の上役(中原丈雄)に引き続き龍馬の動向を探るよう命ぜられて・・・続きを読む
posted by /ユビクロ at 21:17| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIN-仁 5/29第七話あらすじ/日曜劇場

坂本龍馬(内野聖陽)と気持ちがすれ違ったまま、長崎から江戸・仁友堂に戻った南方仁(大沢たかお)。その頃、龍馬に関する事を探るように上役(中原丈雄)から命じられた橘恭太郎(小出恵介)は、探りを入れるため、度々『仁友堂』を訪れていた。
あらためて“龍馬暗殺”がいつだったか思い出そうとする仁だったが、正確に思い出せない。とその時、またしても頭痛が仁を襲うのだった…。
続きを読む
posted by /ユビクロ at 21:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIN-仁 5/22第六話あらすじ/日曜劇場

ペニシリンの普及のため長崎の精得館で講義をする南方仁(大沢たかお)。実は長崎まで来たのはペニシリンを広めるだけではなく、坂本龍馬(内野聖陽)に会い暗殺の事を伝えようと決心していたのだ。
龍馬に会えず半ば諦めかけていたその時、突然仁の前に龍馬が現れる。ようやく龍馬に会うことが出来たと喜んだ仁であったが、そこで出会った龍馬は仁の知っている龍馬ではなかった。龍馬はトーマス グラバー(ウィル・ゲラック)から武器を手に入れ、幕府と戦争をする長州に武器を売って金儲けをしていたのだ。複雑な気持ちのまま、龍馬と共に長州を訪れる仁。


そこで目にしたのは、龍馬が売ったと思われる銃に撃たれた、幕府軍の大量の死傷者の姿だった。その戦場を冷ややかに見ている龍馬…。

少しずつ、少しずつ近づく龍馬への闇。
果たして、仁は道に迷う龍馬を救う事が出来るのか!?
posted by /ユビクロ at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIN-仁 5/15第五話あらすじ/日曜劇場

南方仁(大沢たかお)が旅先の旅館で出会った少女・お初(畠山彩奈)。そんなお初が、折り紙で遊んでいる最中に、転んで大怪我を負ってしまう。橘咲(綾瀬はるか)とともにお初の治療にとりかかる仁だったが、どうしたことか身体が消え始めて…!?

後日、『仁友堂』に澤村田之助(吉沢悠)が兄弟子・坂東吉十郎(吹越満)のことで相談へやってくる。吉十郎は、「レイノー症候群」に冒されていて、手と足の指は潰瘍化。延命するには手足を切断しなければならない状態に陥っていた。しかし、最後にもう一度だけ、舞台に立って芝居がしたいと願う吉十郎は…。
posted by /ユビクロ at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

JIN-仁 5/8第四話あらすじ/日曜劇場

時は経ち、薩摩藩預かりの身となった坂本龍馬(内野聖陽)は、仲間と共に『亀山社中』という海運商社を立ち上げる。さらに、同じく土佐の脱藩浪人で、長州藩の預かりとなっている中岡慎太郎(市川亀治郎)と出会い、意気投合。2人で長州と薩摩の和解を目指し、走り回っていた。

ある日、ペニシリンの粉末化を模索している南方仁(大沢たかお)のもとへ、多紀玄琰(相島一之)がやって来る。幕府筋からの依頼で、川越藩主の妻・恵姫(緒川たまき)のこぶを治療して欲しいと言うのだ。その依頼を引き受けることにした仁は、橘咲(綾瀬はるか)と川越へ向かう道中に立ち寄った宿で、お初(畠山彩奈)という少女に出会う。仁はお初と触れ合った瞬間、電気が走ったような不思議な感覚を覚え…!?

続きを読む
posted by /ユビクロ at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIN-仁 5/1 第三話あらすじ/日曜劇場

南方仁(大沢たかお)と橘咲(綾瀬はるか)は、皇女和宮(黒川智花)に献上した安道名津(あんドーナツ)に砒素を盛った疑いを掛けられ、毒殺未遂の容疑で牢屋敷に入れられてしまう。大牢に送られた仁は、牢名主(宇梶剛士)とその手下たちから、執拗なまでの仕打ちを受けることに。そして、次に仁を待ち受けていたのは、役人たちからの厳しい拷問であった。“天の裁きが下ったのだ”と、ついに死を覚悟する仁…。そんな中、勝海舟(小日向文世)、坂本龍馬(内野聖陽)、橘恭太郎(小出恵介)は、新門辰五郎(中村敦夫)に協力を仰ぎ、仁を助け出そうと幕府に働きかけるのだが…!?
続きを読む
posted by /ユビクロ at 07:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIN-仁 4/24第二話あらすじ/日曜劇場

“脚気に効く菓子”として、南方仁(大沢たかお)の考案した安道名津(あんドーナツ)が江戸で評判となったある日のこと。仁は、奥医師でもある西洋医学所の松本良順(奥田達士)から、「脚気の疑いがある皇女和宮(黒川智花)に、安道名津を献上してほしい」と頼まれる。あまりの光栄な出来事に、橘咲(綾瀬はるか)をはじめとする『仁友堂』の面々が大喜びする中、再び歴史を変えてしまうことに躊躇が生まれ、ひとり思い悩む仁…。
そんな折、仁は、長屋を追い出され職を探している野風(中谷美紀)と再会する。野風を気遣い、『仁友堂』で働くことを勧める仁。経営難の『仁友堂』を切り盛りしている咲もまた、野風を快く招き入れるのだった。

続きを読む
posted by /ユビクロ at 07:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JIN-仁 4/17初回拡大2時間5分スペシャルあらすじ

時を超え、南方仁(大沢たかお)が幕末の江戸時代に迷い込んでから、2年ほど経ったある日のこと―。
落ち込む橘咲(綾瀬はるか)の様子が気になり、咲の実家を訪ねた仁は、咲の兄・橘恭太郎(小出恵介)から、咲の母・栄(麻生祐未)が脚気であることを明かされる。恭太郎によると、数日前、栄の身を心配する咲が橘家を訪れ、医師に診てもらうよう進言したのだが、縁談を破談にしてしまった咲をいまだ許していない栄は、咲が橘家の敷居を跨ぐことさえ認めず追い返してしまったというのだ。何とかして栄を助けたいと考えた仁は、甘いものが好物だという栄のため、とあるお菓子をこしらえて脚気治療を行おうとするのだが・・・。

続きを読む
posted by /ユビクロ at 07:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特定商取引法に基づく表記
/.このサイトについて/.お買い物の流れ/.決済・配送納期について/.カートを見る/.返品について/.メールマガジンについて/.お買い物についてのお問合せ/.免責事項
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。