cast
南方仁 大沢たかお (脳外科医) 野風・友永 未来 (2役) 中谷美紀 (植物状態) 橘咲 綾瀬はるか (橘家の長女) 橘恭太郎 小出恵介 (咲の兄) 佐分利祐輔 桐谷健太 (関西出身の若く優秀な医師) 山田純庵 田口浩正 (西洋医学所の医師) 初音 水沢エレナ (吉原・玉屋の若い花魁) 夕霧 高岡早紀 (野風の姐さん花魁) 鈴屋彦三郎 六平直政 (吉原の大見世・鈴屋の廓主) 橘栄 麻生祐未 (咲と恭太郎の母で未亡人) 勝海舟 小日向文世 (坂本龍馬の師) 坂本龍馬 内野聖陽 (豪快で女好きな土佐出身の脱藩浪人

2011年05月03日

JIN-仁 4/17初回拡大2時間5分スペシャルあらすじ

時を超え、南方仁(大沢たかお)が幕末の江戸時代に迷い込んでから、2年ほど経ったある日のこと―。
落ち込む橘咲(綾瀬はるか)の様子が気になり、咲の実家を訪ねた仁は、咲の兄・橘恭太郎(小出恵介)から、咲の母・栄(麻生祐未)が脚気であることを明かされる。恭太郎によると、数日前、栄の身を心配する咲が橘家を訪れ、医師に診てもらうよう進言したのだが、縁談を破談にしてしまった咲をいまだ許していない栄は、咲が橘家の敷居を跨ぐことさえ認めず追い返してしまったというのだ。何とかして栄を助けたいと考えた仁は、甘いものが好物だという栄のため、とあるお菓子をこしらえて脚気治療を行おうとするのだが・・・。

そんなある日、仁に助けを求め、京から坂本龍馬(内野聖陽)がやって来る。聞けば、勝海舟(小日向文世)の師である佐久間象山(市村正親)という人物が何者かに襲われ、ケガをして瀕死の状態に陥っているというのだ。時代に影響を与えている重要な人物を助けることで、「歴史を大きく変えてしまうのではないか」と悩みつつ、龍馬と共に京都入りする仁。そこには、生きているのが奇跡といえる程の重症を負った象山の姿があった。
仁の必死の治療の甲斐もあって、なんとか一命を取り止めた象山。その時、意識を取り戻した象山の口から、驚きの言葉が…!

その後、京都に留まり、長州と薩摩の戦いによって怪我をした人々の治療に専念する仁は、突然現れた新撰組によってどこかへ連れ去られてしまう。仁が連れて来られたのは、薩摩藩邸にいる西郷隆盛(藤本隆宏)のもとだった。西郷は、今すぐ腹を切って手術をしなければ、命の危険にかかわるほどの虫垂炎を患っており…!?
posted by /ユビクロ at 07:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

特定商取引法に基づく表記
/.このサイトについて/.お買い物の流れ/.決済・配送納期について/.カートを見る/.返品について/.メールマガジンについて/.お買い物についてのお問合せ/.免責事項
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。